納得のいくM&Aパートナー探しで事業承継|損失を出さないコツ

経営戦略の一つ

レディ

コントロール力が秘訣

経営戦略で企業買収を用いることは珍しくなくなりました。企業を大きくするためには、事業規模を拡大するマーケットの開発や、新規事業への参入などをビジョンとして経営を行う事になりますが、顧客の多様化などによって簡単に事業を拡大することが年々困難になっているのです。そのため、一気に企業を大きく成長させる方法として経営戦略の中で企業買収を行うケースが多くなっているのです。市場が成熟している場合、競合他社とのシェアの争いが熾烈になります。企業買収を行う事でシェアの拡大を実現させるほか、競合他社を減少させる二つのメリットを持っているのです。さらに新規事業であれば、リスクを回避する事にもつながります。すでに実績を持っている企業を買収することでそのリスクを軽減させることができるのです。優れた技術を取り入れることで事業の拡大を狙う事も可能になります。自社の資本力を超える収益体制を作ることが可能になるメリットも持っています。しかし企業買収を行う事ですべて事業がうまくいくとは限りません。これは、企業買収は成熟した企業を買収することになります。つまり出来上がった企業体制を取り入れることになるのです。環境が変わることで、今までと同じ成果を出せるとは限らないのです。そのため、しっかりとした買収後のビジョンを見出すとともに、マネジメントラインを明確にして、しっかりと経営がコントロールすることが大事なポイントになります。高い費用をかけて行う企業買収ですので、成功させることが何より大事なのです。