納得のいくM&Aパートナー探しで事業承継|損失を出さないコツ

企業の経営戦略

握手する人

経営戦略の主流

今の時代では珍しくなくなった企業買収には、会社に不足している技術やノウハウを補うという目的があります。これは大事な経営戦略の一つで、会社の成長や拡大を目指すなら企業買収のチャンスを逃すべきではありません。企業買収には、既存事業を拡大したり新規事業に踏み出したりできるというメリットがあります。社内対応だけでは思うように増やせない利益を、企業買収によって拡大することが可能です。また弱かった事業を強化することもできますし、市場縮小などの状況であっても突破口が開くことができます。そして、新規事業に参入するときに膨大な時間を削減することができるという点もメリットの一つです。もし始めから自社で事業を立ち上げるとしたらノウハウもなく、収益を出せるようになるには相当な時間を要します。企業買収することでノウハウや技術が手に入るだけでなく、優秀な人材を得ることにもつながります。それから、機会損失の防止という点もメリットに挙げられます。流行っているビジネスへの参入を考えたときに、市場シェアを取るには遅すぎるという理由で止めてしまえば稼げるものも稼げません。それならすでに市場シェアを獲得している企業を買収すれば機会損失を防げます。さらにこれで成功すれば“金のなる木”に育ってくれるかもしれず、リスクを最低限に抑えつつ企業発展を図ることが可能です。企業買収でも目的が市場シェア拡大なら同業者の買収、新規分野の開拓であれば周辺業界の買収、業績不振からの脱却であれば異業種企業の買収を検討することになります。どの場合もシナジー効果や成長性が見込めるかどうか熟考することが大事です。